定期預金とは

日本人は貯金好きと言われていますが、なかなか思うように貯まらないという人が多いのではないでしょうか。しかし、どうしてもお金を貯めたい。そういう人の多くは定期預金を利用しています。

定期預金は、昔は据え置き預金とも呼ばれていましたが、まとまった金額のお金を金融機関に預けて、一定期間預けたままにしておき、途中でお金を引き出すことができない預金のことをいいます。普通預金よりも金利が高いので、使う予定がないまとまったお金がある人がよく利用しています。
期間は短いもので1ヵ月間。長いものになると10年以上預けるものもあります。

定期預金の金利は、複利なので預ける期間が長ければ長いほど高くなる仕組みになっていますが、市場が変動してしまうと、その限りではありません。市場が変動して、金利が低くなると、長期間預けてもあまり金利が付かない場合もあります。
近年は、正に、金利が安い時代に突入していますので、銀行などにお金を預けても大して金利もつきませんが、普通預金だとさらに金利が低いので、雀の涙ほどではありますが、やはり定期預金を利用した方が金利がたくさん付きます。普通預金で無駄にお金を眠らせておくよりも、お金を増やすことができるでしょう。

ただし、金融機関によっては高い金利の定期預金を打ち出しているところもあります。全部の金融機関が低金利だと諦める前に、インターネットを利用するなどして、高金利の定額預金を探してみることをおすすめします。上手にお金を貯めるにはどうすれば良いのか、当サイトを参考に考えてみてください。